地図にはない

絵本が好き。

空飛び猫

空飛び猫 (講談社文庫)

空飛び猫 (講談社文庫)

ノーベル賞受賞を記念して、リビングに村上春樹コーナーを作って待ち構えていましたが…その瞬間、ネットの生中継から「チャイニーズ」と聞こえ。また来年?でも、会社のみなさんとも「厳かな賞をとってますますエライ作家さんになってしまうとそれはそれで」と話していましたし、新作も待たれますしね。
持っているノルウェイの森の奥付を見たら、発売翌年1988年の二十二刷。22刷!!1年で。
この「空飛び猫」のル=グウィンは「ゲド戦記」の作者。訳した村上春樹氏のあとがきに、彼女のシンプルな文章が好きだと、だから読みやすく耳で聞いてわかりやすい文章にした、読み聞かせをしてほしいと。私はしてあげる子どもがいないのですが…小っちゃい子にはちょっと難しいような気も?


羽が生えた猫なんて、だっこするとき難しそうですよねぇ。

広告を非表示にする