地図にはない

絵本が好き。

そうだったんだアンコールワット!の旅 その1


カンボジア4泊6日の旅をしてきました。


滞在したシェムリアップは、アンコールワットをはじめとする遺跡群巡りの起点となる街。
5日間で訪ねたのは
アンコールワット、アンコールトム、バプーオン、象のテラス、ライ王のテラス、
プラサット・クラヴァン、バンテアイ・クディ、スラ・スラン、タ・プロム、タ・ケウ、
バンテアイ・スレイ、ロリュオス遺跡群(ロレイ、バコン、プリア・コー)、ベンメリア
トンレサップ湖、戦争博物館、キリング・フィールド
パブ・ストリート、オールド・マーケット、ルー・マーケット
など。アンコールワットには都合で4回通うことに。果たしてどこまでアップできるか。


カンボジアへは日本から直行便がなく、ベトナムやタイで飛行機を乗り継ぎます。


大量のダイヤモンドの粒を一面にぶちまけたような東京の夜景に見送られながら、深夜便で羽田を出発しました。
約6時間の飛行ののちバンコク空港で2時間のトランジット。眠かった…。
さらに2時間飛行機に乗り、現地時間で午前10時ごろカンボジアシェムリアップに到着。日本との時差は2時間。


一番忙しかった初日。
空港に迎えにきたガイドさん、運転手さんへの挨拶・自己紹介もそこそこにアンコールワット遺跡へ。

見えたー!

堀を渡り、入口の像の門へ。

アプサラ(踊る女神)。

ヴィシュヌ神像。

唯一、歯を見せて笑うデバター(微笑む女神)。

聖池にうつる全景。

夕方再度訪ねたときの写真ですが、西参道正面からのアンコールワットはこう。屋根を修復中です。

塔門をくぐっていよいよ中へ

十字回廊の天井

沐浴池の傍らで占い師(お坊さん?)に腕輪をつけてもらう女の子。

1715年に最初にここを訪ねた日本人の落書き。


第三回廊を見上げる。この日は儀式のある日とのことで登れず。

第二回廊の彫刻。

裏参道から外へ。このあと昼食、街へ戻り美味しいと評判(あとからわかった)のBopha Angkor Hotelのレストランでカンボジア料理を。
すでに暑さでへとへと。午後はアンコール・トムへ。続く(たぶん)

広告を非表示にする