地図にはない

絵本が好き。

そうだったんだアンコールワット!の旅 その7

 何人かの方にこちらをお伝えして気になった未完のカンボジア旅行記。嵐の櫻井くんもおすすめのようですし、なんとか、どうにか、終わらせましょう!!(腕まくり)

旅したのはもう1年半前の2月。

 

3日目はロリュオス遺跡群へ。

もう毎日毎日(って言っても3日目だけど)が遺跡めぐり。それなりに飽きなかったのは、時代も違えば雰囲気も違う、で、何か興味が尽きなかったのでしょうね。

時間をかけて見たいな、と思っても、ガイドさんは次々と進んでいくのよね~。それでも、回りきれないからですね~。ガイドブックにはこの時訪れることができた遺跡の倍ぐらい載っています。恐ろしく底なしのカンボジア遺跡。

f:id:yamepi:20130220113714j:plain

ロレイ。がっつり修復中です。カバーもなく活気もない(?)ゆるいオープン工事。あちこちで見られました。

 

f:id:yamepi:20130220120728j:plain

f:id:yamepi:20130220121723j:plain

 えー、バコン(かな?多分)。象さんが建物の四方を守っています。ことごとく、鼻が欠けていたけれど。

f:id:yamepi:20130219130930j:plain

うーん、象…じゃないな、なんだろ?

あちこちにお宝がごろごろ転がしてある感じ。捨て置かれているのをよく見ると美しい彫刻だったりとか。いいの?!

 

f:id:yamepi:20130220123239j:plain

うーん、プリア・コーだと思います。ここは素敵な雰囲気でした。どんな人たちが、どう暮らしていたんだろう??

 

 

お昼は街中へ戻る。ちょうど小学校の下校時刻。午前と午後の2部制なのですって。バイクや自転車がどっと繰り出し、子どもたちのお迎えと、ついでに屋台でお昼を食べさせるみたいな光景。道がすごいことになっていました。

f:id:yamepi:20130220131902j:plain

お昼は何を食べたか…中華だったか?終えてから、

f:id:yamepi:20130220133040j:plain

(確か)ルー・マーケットを通り抜け。楽しかったー。

 

 

3日目の午後の記憶がない。疲れて寝てたかな。4日目の午前、ベン・メリアへ。

f:id:yamepi:20130221125211j:plain

f:id:yamepi:20130221125121j:plain

このあたりでしょうか。もっともそれらしいのは…

ジブリ『天空の城 ラピュタ』のモデルになったのではと言われています。宮崎監督は明言はしていないようですが、とっても彷彿とさせる場所。ガイドさんが「ワタシも映画見ましたー」と誇らしそうに、嬉しそうに言っていました。現地の方たちは映画を見たら確信するだろうな、と。

f:id:yamepi:20130221115019j:plain

f:id:yamepi:20130221115649j:plain

修復の手が入っていない。ジャングルの中に、壊れた巨大な建物がぶちまけてあって、そのあちこちにスポーンの木(ガジュマルの仲間だそう)が根を張りここらへんは私の!と陣取っている。

入っていきたいのに、歩きにくいことったら!!!(というより普通入れるところじゃない!!)ゴロンゴロンしている欠けた石の山や、斜めにどっかり落ちている大きな外壁の上を忍者のように伝い歩きしなければならず、まじか!!と。リアルインディジョーンズ。

植物に浸食され朽ちつつある遺跡。日本人にはタ・プロームのほうが人気なのかもしれませんが、今、ワイルドなのはこちら。中国からのツアーが多いそうです。

いずれ修復されるのでしょうね。このままではすべて崩れてしまうでしょう。

 

遺跡はこれが最後。最後に真打登場、という感じでしたね~。

 

続く!

広告を非表示にする