地図にはない

絵本が好き。

そうだったんだアンコールワット!の旅 その9(終)

もう2年半前になりますが

 

シェムリアップ滞在最終日の朝。

f:id:yamepi:20130222090452j:plain

 

朝ごはんをゆっくりとって、お昼前。

なーんか弱ってきた連れとともに、トゥクトゥク戦争博物館へ。

f:id:yamepi:20130222150417j:plain

犬がお出迎え。(連れ、弱り目に祟り目。)さりげなく追いやりつつ

f:id:yamepi:20130222151303j:plain

 

f:id:yamepi:20130222152149j:plain

地雷原の様子や、戦車を見学。

次に、キリング・フィールドへ。

f:id:yamepi:20130222160205j:plain

f:id:yamepi:20130222155520j:plain

言葉も少なく。(連れは弱っている。)

 

ホテルへの道で。

f:id:yamepi:20130222154712j:plain

f:id:yamepi:20130222154848j:plain

f:id:yamepi:20130222161222j:plain

 

ホテルに戻ると、とうとう「腹が痛い、動けない」と言い出した夫。

帰国できるのか??正露丸を処方(素晴らしいお薬だ)。

というわけで残りの午後は部屋で休息。私はずっとテレビを見ていました。カンボジア語タイ語?まったく聞き取れない。。。

 

お、ほんだ選手が1点取って前半を終えた模様。(ワールドカップアジア予選)

頑張れ日本、頑張れカンボジア

 

さて夫は数時間臥せった末何とか復調、夕方ガイドさんが運転手さんとホテルに迎えに来てくれて、空港へ。無事帰国の途に着きました。

 

訪れたのは2月。気温が高く、2~3か月も続けていることになったら、一度は体調を崩すのではと思いました。

今夏も厳しい暑さが続いた東京でしたが、なんとなく気持ちが耐えられるようになったのは、かの地を思い起こすからかもしれません。

 

またいつか訪ねる日が来ますように。

広告を非表示にする